カテゴリー別アーカイブ: 医療・健康のコト

おしゃべりガイコツだボ〜ン!!

 

 

 

新しい年を迎えて間もなく、
テレビから、とっても軽快な音楽が流れてきました。

ん?ふと目を向けると、

「がいがいこつこつがいこつだぼーーん!」

がいこつ?!

目が合った!(笑)

しゃべってる!(笑)

「週刊 おしえて!おしゃべりガイコツ」(デアゴスティーニ)

創刊のCM。

どうやら、ガイコツの名前は「ホネッキー」というらしい。

そのあまりにも愛らしく(?!)、魅力的な姿に衝撃を受け、
すぐに本屋さんへ足を運んでしまいました(笑)

こちら、ホネッキー。

ねっ。なかなかカワイイでしょ?(笑)

 

 

「週刊 おしえて!おしゃべりガイコツ」は、
毎号ついてくる、人体のパーツを組み立てて、
しゃべる人体模型・ガイコツのおしゃべりロボット
「ホネッキー」を完成させるもの。
楽しみながら、人間の様々な体の仕組みを学ぶコトができる知育商品です。

創刊号のテーマは「骨・頭蓋骨」。
頭部前面パーツがついてきました。

 

 

とりあえず組み立ててみました(笑)
子ども向けなので簡単です。所要時間3分もかかりません。
仕上がりは縦横共に10cmちょっとのサイズです。
最終的に人体の完成時は約90cmになるらしいです。
自分の手で作って触って学ぶコトができるのは、
楽しいですし良いですね。

 

 

そして!

2月14日発刊号のテーマは、

「心臓」とのコトです。

心臓の「なぜ?」「どうして?」の秘密を教えてくれるそうです。

且つ!

ぷにゅっと、ふくらむ「心臓」パーツがついてくるらしいので、

興味津々。心臓ブログを書いているからには、ぜひゲットしたいです。

興味ある方にしか興味無いかも知れませんが(汗)、また改めて記事にします。

ちなみにこのシリーズ、全部で70号まで続くらしいです。
今から言っておきますが、おそらく全部コンプリートは…(汗)

しかし…

「ホネッキーのうた」
頭から離れないです(笑)
つい口ずさんでしまいます♪

最近、同会社から創刊された、
映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の
タイムマシン「デロリアン」も…気になります。

 

 

最後に。デアゴスティーニ社のまわし者ではありませんよ。

 

 

 

おんなのひとの、カラダ。

 

女性である私は、
昔から割とホルモンバランスが乱れやすく、
心身に不調が現れるコトがあります。
免疫力も低めですし。。。

最近は、正常に整えられるよう、健やかでいられるよう、
なるべく食べ物や運動・睡眠など、
気をつけるようにしていますが、
ちょっとしたコトで、スグ不安定になります。

このサイトは男性も見られていると思いますが、
ハッキリ言いますと「生理」とか、です。

最近、歳を重ねるごとに、
身体が以前と変化があり、少し不安です。
何か感じる度に、症状をインターネットで検索したりします。

女性特有の病気。
例えば、生理不順・生理痛・子宮腫瘍・子宮がん・
月経前症候群・子宮内膜症・子宮筋腫・更年期障害など。。。

自分とよく似た症状は無いかな、とか。
どうやって改善しているのかな。とか。

調べてみて、色々見る度、
う〜ん、これなら大丈夫かな?と、
ホッと安心したり、
う〜ん、一度病院に行った方が良いかな?と、
心配したり、繰り返しています。
まだ深刻になるほど、
大きな異変を感じていないので、様子見していますが。

私の母親、姉妹も更年期障害の症状が
割と大きめに現れたので、
同じ遺伝子であるから、少し心配。

おんなのひとのカラダは、せんさい、ですね。

 

 

rousoku

 

 

ばんそうこう?バンドエイド…?

 

先日アメーバブログの記事を書くにあたり、
ネット上で薬について検索していたら、
豆知識な記事を見つけました。

切傷や擦傷をした時に、
傷口に雑菌が侵入するのを防ぐ為に用いる
救急「絆創膏」(ばんそうこう)。
この呼び名って、全国各地、地域毎により異なるんですね?
初めて知りました。

何て呼ぶかで出身地が分かってしまう
新方言みたいです。

絆創膏、カットバン、バンドエイド、
リバテープ、サビオ、キズバン

6つの呼び方があるそうです。
ちなみに絆創膏以外の呼び名は、どれも商品名です。

気になる方は、以下のリンク先で、
地域毎の呼び方がご覧になれますよ。

リバテープ製薬株式会社さんのホームページ

 

 

つるるんっと、ガッテン流をためす。

 

8月がスタートしました。
いよいよ夏本番ですね。
身体に気をつけつつ、
夏だからこその、色んなモノ・コト、
いっぱい楽しみたいですね。

 

今日、夏の野菜を沢山もらってしまいました。
家庭菜園で育てられた、
茄子・オクラ・青じそ・ししとう・きゅうり・
ピーマン・トマト・さやいんげん…
こんなに沢山…♪

健康にも美容にも良いので嬉しいです♪
ありがたくいただきます。

 

ところで、夏の緑黄色野菜で、
夏バテ防止&栄養豊富といわれている「オクラ」。

先日、NHK番組「ガッテン」で
「オクラ!ネバネバパワー新伝説」
という内容が放送されていまして。

オクラを、生のまま、細かく刻んで、水を加え、
超ネバネバになるまで混ぜ混ぜしまくる、という
新ワザの食べ方が紹介されていました。

お素麺を食べる時などに一緒に食べると、
超ネバネバが糖質を包み込んでくれて、
糖の吸収をなんと3割押さえてくれるそうです。

早速トライ。
超ネバネバのオクラ、作ってみて、
お素麺と一緒に食べてみました。

つるん。

つるるん。

生オクラのネバネバが麺を包み、
まろやかな食感、喉越し。

オクラを混ぜる時に、
空気を含んだのか、素麺を少し食べただけで
割とお腹がいっぱいになり、
その後、満腹感が続きました。
これは食べ過ぎ防止になって良さそう。
新しい食べ方を教えてもらいました。

今日オクラをいただいたので、
早速また作ろうと思います。
今回はご飯と一緒に食べます♪

ちなみに、はじめて知ったのですが、
「オクラ」(okra)って英名だそうです。
和名は「アメリカネリ」というそうです。
オクラの語感からして、和名っぽいですね。

 

IMG_3526

 

 

炭水化物が、好きです。

 

炊き立てのご飯、美味しい!

焼き立てのパン、美味しい!

今の時期、冷たいお素麺もお蕎麦も、美味しい!

おせんべいも、クッキーも…美味しい!

世の中、美味しいもの、いっぱいです。

しかし…どれも炭水化物でして。

ということは、太ります…よね(汗)

でも、炭水化物、大好き!

ふう…なかなかやめられません。。。

しばしばテレビやインターネット上で、
炭水化物を抜くと痩せられる!という情報を見聞きします。

それならば、あまり食べない方が良いのかなあ?
摂取控えるようにしなければなあと思っていたのですが、

過日に、炭水化物を抜く糖質制限ダイエットを、
自ら実践し提唱していた第一人者の方、
そしてまた先日、政治家の方が急死されたという
ニュースが報道されていました。

両者の死因はダイエットとの因果関係は分かっていないようですが、
炭水化物抜きダイエット法にあったのではないかと
疑われているそうですね?

専門家曰く、唐突な炭水化物・糖質制限は、
脳機能の低下や栄養の偏りによる
血流の悪化、食物繊維不足等を招いてしまい、
逆に体調不良に陥って危ないそう。
警鐘を鳴らされています。

健康や美容の為に、痩せたい!とは思います。
でもダイエットに成功しても、
命の危機になるのは…怖い…です。

昔から、人間は炭水化物を食べて
生きてきているのだから。

食べないのは…止めておこう。

美味しく、いただこう、っと。

今日も、いただきま〜す!

 

IMG_9841

 

 

夏バテしないよう、

しっかり食べて、しっかり休んで、乗り切りましょう!

 

 

 

心臓カテーテル処置の真っ最中にクラッシュ?!

 

※注意
今回の記事は、これからカテーテルを受ける方にとって
不安を抱かせるかもしれません。
読まれる際は自己責任でお願い致します。
(そんな記事を書いて申し訳ないです…)

 

 

 

ネットニュース記事で、アメリカにて
心臓のカテーテル処置を行っている最中に、
医療機器がパソコンのアンチウイルスソフトのスキャンで
クラッシュ事故が発生したというのを見ました。

心臓カテーテル処置時、患者さんの健康状態を
自動的にリアルタイムで監視・表示・記録する
「Merge Hemo」という医療機器を使用していた際、
接続していたパソコンのアンチウイルスソフトが
処置中に定期スキャンを開始してしまったコトが原因で、
パソコンごと停止してしまったようです。
どうもアンチウイルスソフトを1時間ごとに
スキャンするよう設定していたために発生したようです。
パソコンを再起動するコトにより正常に処置再開が出来、
幸いにも患者さんは命に別状なかった報告がされているそうです。

病院側の設定の見落としが原因と考えられているそうですが、
うわぁ…怖いなあ。。。
患者さんが無事で良かったです。

人の生命を預かる医療現場にて、
ミスはあってはならないコトです。
人間ですからミスを絶対に犯さないとは言い切れませんが、
起こりうるコトです。

実は…自分自身も入院治療時、
恐ろしい医療ミスを経験し、ちょっぴり大事になったコトがあります(泣)
(アメーバブログにはこのコトについて一切書いたコトありませんが…)
今でも思い出すとヒヤリとなります(汗)

これ以上は控えます。

それでは、また!

 

震災ストレスによる「たこつぼ心筋症」に注意

 

先日、ネットニュース記事で読んだのですが、

「たこつぼ心筋症」

という病気があるそうで。

心臓(左心室)が「たこつぼ」のように
大きく膨らみ縮まらなくなり、
突然、胸の痛みや呼吸困難といった狭心症や心筋梗塞の症状に
とてもよく似た症状を発する疾患とのコトです。
閉経後の高齢の女性に多く発症するそうです。

2004年に発生した新潟県中越地震直後、
2011年の東日本大震災直後に、
被災者が発症したケースが多く報告されているとのコトで、
先日の熊本地震でも、同様の恐れがあると懸念されているそうです。
心配ですね…。

原因は、 急な過度の身体的・心理的ストレスを
受けた後に生じるコトが多いと考えられており、
詳細なメカニズムや治療法は、まだ明らかになっていないようです。
(災害などの強烈な精神的ストレス、大切な家族の病気や死、
自身の大病の診断、身体的ストレス、激しい口論・強盗被害・戦争などなどが誘因)

たこつぼ心筋症の基本的な治療は、
ストレス要因の除去と安静とのコト。
一般的には1~2週間程度で自然に快復するようです。

 

話は変わり身内ゴトなのですが、
実は…先日、実家の母親が、
急に血圧上昇し体調が悪くなり倒れ、
救急車で運ばれたそうで。
病院で脳のCT検査など受けたのですが、異常なし。
医師によるとどうやら、
過度な精神的ストレスが原因ではないかとのコト。
ここ数年、母自身の病気入院や、
身内毎などちょっと色々大変なコトが続いていたので、
どうも身体に悪い影響が現れてしまったようです。
(身体には何も無くホッ)

ストレス、って….怖い。。。

目に見えないし。
どれだけ溜まっているか分からない。

ストレスは心臓や身体に悪影響を及ぼすとか、
ストレスを溜まないように…とよくいわれていますが、
ストレスを上手く発散するのはなかなか難しかったりします。

自分のストレス解消法を身に付け、
ちゃんと予防できるように、日々、注意、注意です。

皆さまも、くれぐれもお気をつけくださいね。

カラダとココロ、

ともに健やかでありますように。

 

 

 

ドキッとする無言のサイン「むくみ」

 

今は、すこぶる健康な私ですが、

たまに周りの人から言われて、
未だに“ドキッとするコト”があります。

それは…

「むくんでない?」

という言葉。

顔とか脚とかの、身体の「むくみ」…
(医学用語では浮腫・ふしゅ)
たまに自分でも、「むくんでいる」なあと思う時があります。

「むくみ」は普通に生活していても、
誰でも経験あるコトだと思います。
特に女性は、むくみを引き起こす方が多いかと。

でも、心臓病経験者にとっては、

「単なるむくみ」と軽く考えられない時があります。

私も何度も心不全、起きてますから!

象さんの足のように、パンパンになりましたから!
指で押した時、凹んだまま戻ってきませんでしたよ!

血圧や体重の数値、身体のむくみなど…
(心配性だからか尿量も気になる癖も未だにあります)

自分自身による、日々の身体の状態把握が大切で、

身体が無言で教えてくれる、
“危険なサイン”に、早く気づけるように。

あまり敏感になりすぎるのも…ですが、
いつも自分の身体に目を向けるコト、
大事だなあと思います。

 

 

image

テレビを見ていると、
全国各地から桜の開花が聞こえてきますね。

春の到来。

今年も花見が楽しみです(^-^)♪

 

 

 

ハートのナッツ。

 

テレビの健康番組等のメディアでしばしば、
ナッツ類を食べると身体に良い&美容に良いと見聞きします。

ナッツと言えば、私は今まで、
亀田の柿の種などのお菓子に入っているピーナッツとか、
スキッピーのピーナッツバター(これ好き)とかでしか
食べる機会がありませんでしたが、
数ヶ月前から頻繁に摂取するようになりました。
美味しくて食べだしたら、止まりませんね(汗)

いつも色々なナッツが入っているミックスナッツを購入します。
どこのお店の商品が美味しいかなあ?と、只今色々お試し中です。
塩分の摂りすぎを防ぐ為に、無塩&油不使用品のナッツを選んでいます。
そのまま食べたり、サラダなどの料理やお菓子作りなどに
積極的に活用しています。

 

image

 

ナッツ類のメリットは様々なメリットがあるそうですが、
特に心臓病死亡率を下げると言われているそうで、
心臓病・血管病(虚血性心疾患・心筋梗塞などなど)のリスクを減らせて、
またその他の病気の死亡率が減るとか、
生活習慣病に良いとかなんとかという
研究結果が報告されているそうです。
(なんて簡単な説明・苦笑)

ナッツと言っても色々な種類があり、
クルミ・アーモンド・カシューナッツ・
ピスタチオ・マカデミアンナッツ・ピーナッツなどなど。
それぞれ栄養・効果が違います。

心臓に良いと言われているナッツは…「クルミ」とのコトです。

クルミは、オメガ3脂肪酸・抗酸化物質・
ビタミン類・食物繊維を多く含み、
コレステロール低下、血液をサラサラ・動脈硬化予防に良いそうです。

ちなみに、「ピーナッツ」は脳に良い
「アーモンド」老化予防に良いそうです。

心臓に良いと言われている、クルミ。
気のせいかなんとなーく、クルミの断面って、
ハートのカタチ「♡」に見えません?

なんだかそう思うと、ハッピーなナッツに思えてくる。

これはまさに「ハートのナッツ」だ!

 

クルミ

 

と一人で名付け、

手の平にのせ、お口に頬張る。

カリカリ…カリカリ…

う〜ん、美味しい♡

 

 

 

ヒシガタの心臓

 

今日は、3月3日。

「ひな祭り」(桃の節句)ですね。

ひな壇にお供えする伝統的なお祝い料理って、
それぞれに縁起良い意味が込められているそうですが、
その中の1つに、菱形の緑・白・桃色の3色のお餅「菱餅」(ひしもち)がありますよね。

色の意味にはいくつかの説があるそうですが、
緑は「健康や長寿」、白は「純潔」、桃は「魔除け」を意味する説と、
また緑は「大地」、白は「雪」、桃は「桃の花」で、
「雪がとけて大地に草が芽生え、桃の花が咲く」
という意味が込められているという説があるそうです。

緑色のお餅は「増血」効果があると言われる”よもぎ”、
白色のお餅には「血圧を下げる」効果があると言われる”ひしの実”、
桃色のお餅は「解毒」効果があると言われる”クチナシ”
を入れて色付けしているそうです。
わあ〜っ、どれも健康的。

それで。さらに、

このお餅のカタチ(色々な説があるそうですが)、にも意味があるそうで。

「菱形」は風水で、

「心臓」の形を表していると言われているそうです。

 

菱形

 

ヒシガタの心臓に込める、願い。

1つ1つにそんな意味合いがあっただなんて。
親が大切な我が娘の身体をいたわる、健康を願う想いや、
災厄を除こうという気持ちがギュッと込められているのですね。

こうして昔からある伝統的行事の、
1つ1つのルーツを知るのって、面白いものですね。

さあ、今夜は、
3色団子(菱餅では無い・汗)と、
あたたかい甘酒(ノンアルコール)を飲もうっと。

女の子、女の人!

心臓!

強くしなやかに、健やかに生きよう!

 

 

 

Alicia Keys / Girl On Fire