作成者別アーカイブ: heart-koto

心臓を掴まれる、感じ。

 

惹きつけられ。

引き込まれる。

 

途中、心臓を、

5本の手で、グイッと、ギューッと、

ガッチリ、熱い力で掴まれて。

グルンと、ひねられます。

ひねられ、グイーっと、回されます。

上下左右に。

 

 

力はいつまでも。

手のひらが、心臓から離れても、

見えない跡が残っていて。

心臓、ドクンドクンと、響き続けます。

私には、そんな感じ。

 

 

人生、考えさせられる。

語彙力無い私は、こんな言い方しかできません。

本当は何にも考えてないかも。

 

動画には、号泣ですよ。

愛する人と、いつまでも、いつまでも。

一緒に、手をつないで、生きたいです。

 

人生はサバイバルゲーム。

 

心の奥底、フツフツと、

冷たい水を沸騰まで、

温度を急上昇させる、

アーティストさんの声や音、歌詞は、スゴイ。

魂、揺さぶられます。

 

パワーソング。

日々の力に。

 

 

人生はサバイバルゲーム?

歩いた先には、何があるかな。

何を感じ、何を手にしているだろう。

ゴールは、死ぬ時。

 

命の重さ。

 

夜中、真っ暗の中で。小さなライトだけついていて。

机の上で何か黒い物体が動いた。

もしや! G !?

(G=ゴキブリ(笑)

口にするのが嫌なのでいつもそう表現してます。)

と思ったら、

小さなヤモリ。

でした。

そういえば最近いつも玄関にへばり付いていたな(笑)

思わず、

「あら~入ってきちゃったの~」

と微笑みつぶやく。

ハッと気付く。

これがもしGならば、こんな微笑みは絶対生まれない(苦笑)

どうしても激しい嫌悪感しか生まれない。

すぐ殺虫剤で退治しようとしてしまう。

Gにはゴメンナサイです(泣)

ヤモリには優しくなるのに。

外に逃して、

「いつも家を守ってくれてありがとう」

と感謝し、

「元気に生きて~」

とも応援するのに。

同じ命なのに、申し訳ないです。

 

時間を殺す、時間。

 

今日も、暑い1日でした。

暫く休みらしい休みがとれずにいたので。

久し振りにお休みらしい1日を過ごすことができました。

最近、忙殺、

されてました。

自分を見失いそうになりました。

 

良き、

暇つぶし、できました。

大事な時間の過ごし方ですね。

英語で「kill time」。

直訳で、

「時間を殺す」

自分の時間を殺す、

って。

大切なひと時。

 

人生は短い。

限りある時間は、

誰のためにあるのか。

誰のために生きるのか。

今日という日は2度とやってこない。

1日、1日を大切に生きよう。悔いなき人生を。

自分を、とりもどす、

時間を殺す、時間。

大切。

 

 

ハートガ、ヒライタ。

 

前回の記事に追加です。

 

最近は、人に自分の心の内など話さないのですが、

安心してしまって?心の鎧がとれちゃって?

久し振りに会った友人には、ポロリと口からこぼれ落ちました。

「私、55歳位には、○○を実現したい」

そのためには、まだ知識も実力も無いから、

沢山学ぶ、経験する努力が必要だけれど…。

頑張る。

 

人に口にしてから、

「あっ、言っちゃった」

てなりました。

友達は、「え?言っちゃったの?」と、

笑いながら、応援してるって言ってくれた。

つい、ポロリと心の内で、最近、将来について頭に浮かんでいたことが、

言葉にでちゃいました。

自分の胸のうちを話すって照れます。

でも、これが本心。

なのかな?自分でも、分からないけれど(笑)

ここ数年、色々あり過ぎて。

最近も、色々あり。

この先、自分が向かう方向に少し思うことあり。

応援してくれると言ってくれた友人の言葉が励みになる。

言った以上、実現したい。

 

心臓病に出会ったあの数年は、

まさか、こんな今の未来を迎えられるなんて思ってもみなかった。

55歳まで、健やかに生きていられるように。

55歳と口に出た未来には、今のこの心の内はどう変化しているのだろう?

何を感じているんだろう。

また、夢が、生まれた。

 

ココロガ、ポロリト。

 

先日、4年ぶりくらいにお久しぶりな友人に会いました。

昔の友人て、不思議ですね。

あの時に戻ったように、

ついこの間も会ったかのように、

何の壁も無く、何でも話せる感じなんですよね。

最近、私は人様に、勝手に壁を感じて、

自分のこと話せないし、話さない。

常に相手のお話を聞くこと専門。

いつも、それでいいやと思ってましたが、

何でも話せる関係や、話せる、聞いてくれる相手がいることって嬉しいなと

その感じを思い出しました。

人との距離感が怖いのでしょうね。

友人と話足りないくらいでしたが、

お互い時間に限りあり。

またね。

次はいつ会えるかな?

楽しみです。

私をやさしく包んでくれる友人に感謝!

 

毎日暑い日が続きますね。

皆様お身体お気をつけください。

 

 

テレビCMで流れていて、久し振りに、最近彼らの曲をリピート中。

やっぱり、好きだ…!!

関係無いけど、眉毛太い兄弟だけど(笑)

可愛い。

 

そっと、背中を押された。

 

今日はお天気良く、お出かけ日和だったので。

以前、心臓病サバイバーさんのブログで拝見したことがある、

とある神社をふと思い出し、なんとなく目的地に定めた。

初めての参拝。

神社の神域の境内に足を踏み入れた瞬間、

何とも言えぬ不思議で清々しい、目に見えぬ何かが、

パァーッとキラキラ輝いたように感じた。

光が弾けた?みたいな。

青い空と新緑の緑の存在もあるのだろうけれど。

荘厳な境内、鎮守の森がやさしい風と穏やかな空気で包まれているよう。

そしてなにがしかの力を感じたのは気のせいか。

足元の土から、木々から、流れる水から。

鳥がさえずる音から。

全てから。

光があふれている。

(感じたことを、上手く言葉に表現できない自分の非力な文才。。。)

 

 

参拝後、何年ぶりか?

珍しく、おみくじを引いてみようと思いたち、ひいてみた。

ドキドキしながら小さな紙を開いたら、

大吉、だった。

そこに書かかれていたことが、全て今の私の状況に対しての言葉に思えた。

偶然かもしれないけれど。

背中を押していただけた。

何度も、何度も、迷う、悩むけど。

進もう。

続けよう。

自分を信じよう。

 

今日は、私の中で大切な日の一つだったのだが、

そんな今日というこの日に、

そっと、背中を押されたのは、何か未来への意味を感じた。

それは、私がそう感じたいだけかもしれないが、

そう思いたいんだ。

 

 

一人反省会ばかり。

 

人とお話をした時。

後で会話を思い出し、

余計な一言を言ってしまったかな。。。

と思うことが、よくあります。

自分だけが心にひっかかり、気にしすぎなのかもしれないけれど。

相手の顔色を見過ぎでしょうか。

無意識に人に嫌われたくないから、勝手にそう思うのでしょうか。

頭で思ったことを、ついストレートに口にしてしまって。

相手を傷つけたかもしれない。とか、

失礼なことを言ってしまったかもしれない。とか、

自分のことだけを考えてる自己中な発言だったかも。。。とか、

一人反省会、します。

しばしば。

 

そんな時は、夜中目が覚めて眠れないことがあります。

メンタル、弱し。

根本的にクヨクヨするのが、得意だなんて。

それをもうやめなければ。

最近、色々な出会いや、経験から、そう思います。

なんでも、まあ、いっか。

ポジティブ思考でいたいです。

 

 

 

あなたのトリコ!!

 

この間、回転寿司店で初めて「茎山葵巻き」(涙巻き)というのを口にした。

辛いんだろうなあと気軽に頬張ると、

口の中から、クキッて音が聞こえた。

もきゅ。うっ!

キター!

これは、ヤバイレベル。

ふるふる。ツーン!!

目がウルウル。

 

やば。こんな口撃を受けながらも、

これは、美味しい!

びっくり。

思わず、3皿も食べる。

 

すっかり気にいってしまい、

後日、2回も同じお店に、茎山葵巻を求め、

足を運び、同じことを繰り返しているという(笑)

思い出したらまた食べたくなってしまったじゃない!(笑)

パブロフの犬状態(笑)

 

今思い出すと、子供の頃、山葵大好きだった。

インターネットで調べてみると、

山葵は、ビタミンCなど栄養豊富、血流改善や、抗酸化作用があるらしく、

病気や健康に良いらしい。

スーパーに茎山葵って売ってるのかな?

探してみよう。

山葵を使用した、ご飯のお供も販売されているようなので、

他の商品も食べてみよう。

 

フトンの上の宇宙。

 

夜中、お布団の中で目が覚めた。

しばらく寝付けなくなった。

今、何時頃だろう。

眠れない。

真っ暗闇の中で、日常のアレコレを考えてしまう。

 

 

何も音がしない。

暗闇の中で、インターネットのルーターが

チカチカ点滅しているのが見える。

ジッと身体を横たわらせている自分。

今も、世界の何処かでは、インターネットの存在で

数えきれない人や情報がつながっている。動いている。

止まらない、世界。

まわる、宇宙。

なんだなと、ふと思う。

宇宙中、すべての生き物が、動かない時はない。

どこかで何者かが活動している。

そのはず。

 

すべて、幻なのだろうか。