作成者別アーカイブ: heart-koto

新しい年の始まりに

あけましておめでとうございます。

本年も皆さまが心身共に穏やかで健やかであります様に。

令和2年もぼちぼち更新していきます。

よろしくお願いいたします。

年末年始のお休みは嬉しいことにゆっくりと過ごせました。

Amebaブログの方で繋がらせていただいている方が、

たまに写真を投稿されているとある場所がありまして。

ずっと気になっていて、新年早々、初めて訪れてきました。

とても素敵な街、美しい景色が眺められて癒され、パワーをいただきました。

なんだか希望、夢が叶いそう!

みたいな気持ちが溢れて。

そうしたら、恐れ多くも、天下統一したくなりました(笑)

といいますか、あの歴史上の有名なお方もこの景色を見つめて、

そう思っていたのかなと思いを巡らせてたら、そんな気分に(笑)

身の程を知らない発言ですね。

ブログ友達さんは、この街で暮らしていて、

いつもこの景色を見つめているのですね。

嬉しい気持ちになりました。

お元気ですか。

オンリーワンの才能か。

 

日進月歩についてのツブヤキを、また再び。

 

日進月歩の世界は、

新しい技術も、考え方も、アイデアも、センスも、

数年経てば時代遅れになってしまいます。

私も仕事をする上で、のんびり過ごしていきたいけれど、

少しは流れていく時代にちゃんと追いつけるよう努力していかないとなと

日々磨くように努めています。

のんびりなのでちょっとずつですけれど。

 

最近、仕事上での関わりで、

自分よりも10才以上年齢が若くて、才能溢れる人たちに会う度に、

すごい!

と思うのと同時に、

私も前に歩く気持ちと、行動を止めちゃいけないと、強く思います。

日々勉強。

いくつになっても、学ぶことは続けたいです。

自分のできる限りのペースで。

 

Journey / Don’t stop believin’ LIVE

 

先日、ネットで検索していて知ったのですが、ジャーニーのボーカルって、
今、別の方が引き継いでいるのですね。
フィリピンのアーネル・ピネダがつとめているみたいです。
昔のボーカリスト、スティーヴ・ペリーの声質にとっても似ていて、すっごく素敵な歌声です。
よくこんな人を見つけてこれたな〜!と思うくらいです。

でも、何回聞いても、スティーヴの声が一番好きです。
同じようで同じじゃない、似ているようで微妙な違いがありますね。
パッションを感じる歌声が好きです。

 

 

ナンバーワンより、オンリーワンの才能がほしいかも。

 

 

■2019年11月8日追記
アーネル・ピネダさんについて、後で調べてみたら、驚きです。
すごいサクセスストーリーをお持ちの方なのですね。
映画にもなっているみたいなので観ようと思います。

のんびり日進月歩

 

夏の太陽がギラギラ照りつける中、勢いよく鳴いていたセミの声から、

秋の訪れを感じる、涼しげなコオロギの鳴き声に変わっていました。

 

季節の移り変わりが早いですが、私自身は日進月歩できているのでしょうか。

 

色々至らないことが多く、知るほどに、やるほどに、

無力さを感じ、非力さに悔しくなりつつも、

とりあえず今、自分ができること、挑戦しました。

あ〜、結果が怖い…どうか上手くいきますように!!!

夏から秋にかけての、今の私のお話。

 

Rachel PLatten / Broken Glass

 

下半期が始まる。

 

 

今日から7月ですね。

しばらく更新していないまま、あっという間に月日が経ちました。

お陰様で日々元気に過ごさせてもらっています。

ありがたいです。

2019年あと半年、頑張るぞ〜!

無理せずに。と小さく気合いを入れます。

 

令和元年、人と関わることが少しずつ上手くできるようになれたらな…

でもそんな不器用な自分も、自分。

分かってくれる人がいれば良いとも思う。という気持ちもある。

前向きに行こう。

 

誰を信じて良いのか、信じた先に何があるのか。

人が、怖い。

信じたいけれど。

 

。。。と少し闇っぽいブログになりました(苦笑)

明るく笑顔で、行きましょう。

自分を信じて。

現実が怖いけれど、

臆病だけれど、少し積極的になろう。

関わりたい人には自分から動かなければ。

関わって行こう。

自分が願う未来のために。

 

 

 

鼻毛をあなどるな!〜花粉の敵〜

今年は、軽く花粉症気味です。

しかし。

なぜか3日前、症状がとても酷く。

1日にティッシュ箱一箱あけてしまうくらい鼻水がでました。

次の日はまた軽くなりました。

気づきました。

もしかして、原因は…

4日前、就寝前に…

「鼻毛」処理をしました。

ネットで検索してみると、

鼻毛って、

細菌・花粉・ホコリ・微生物などを

体内に吸い込まないようにする、

フィルターみたいな役割をしているのですね。

そうだった…忘れてました…

ちなみに、風邪もひきやすくなるみたいです。

1日だけ症状が酷かったということは、

1日で鼻毛が微量に伸びたのかな?( ͡° ͜ʖ ͡°)(笑)

または、その日はアレルギー反応が出やすい花粉が

いっぱい体内に入ってしまったのかな?

ワサワサはえていても、一応、女性でも、

花粉が飛ぶ時期や、風邪やインフルエンザが流行る季節は、

鼻毛をカットするのは控えた方が良いですね。

花粉症が酷い方は、当たり前のことでしょうか。

お腹の真ん中、まんまるな気持ち。

 

 

久しぶりに少し時間と気持ちにゆとりが持て、

歩いて、近くの公園まで。

キラキラお天道様を浴びて、ベンチに腰掛けて。

緑が生きていて、鳥の鳴き声が聞こえて。

空気が頬をつたい。

春、だなぁ、と、ほのぼの。

なんだか力がわいてきて、心がワクワクしてきて。

ああ、ありがたいなあ、と。

生きていればこそ。

最近霞んでいた、自分の気持ちを

お腹の真ん中に戻せた感じが。

まんまるまんまるな気持ち。

こんな時間、大切。

わたしにできること、求められること、

微力でも、少しでも役に立てるよう、がんばろう。

 

 

負けないきもち。

 

 

自身の闘病経験から作られたという曲。

歌声も歌詞も、痛いほど突き刺さる。

気持ちが分かる。

伝わり過ぎて、聴くと涙が溢れてくる。

Avril Lavigne / Head Above water

今、望むこと。

 

この間、仕事関係の知り合いに言われた言葉が頭に残りました。

私の心のうちは一瞬でフリーズしてしまいました。

なんというか、100歩以上、ズザザザザ〜っと、後ろに下がってしまいました。

「はあ…」

と頷くだけでした。

 

「一緒に、高みにのぼろう」

「成功者になろう」

 

言葉を発した人は、起業した同世代の女性です。

成功者を目指しています。すごい人だなあと思います。

 

きっと普通ならば、前向きに受け取り、

頑張りましょう!と、ともに切磋琢磨し、

励まし合い、お金と名声、成功を勝ち取ろうとするでしょう。

 

しかしながら、私は、ひねくれ者です。

そこで、そうならないようです(苦笑)

病気やいろいろなことを経験し。

今の生き方は、私の中から生まれた生き方をしています。

お金を稼ぐことは生活でとても大事だと思うし、

他人からの評価も気にしてますし、成功はしたいけれど、

高みに登るという成功は目指していません。

普通で良いです。

成功は成功でも、好きなことをずっとやって、やり続けて生きていくことが、

私の成功だと思っています。

考え方、生き方が色々あるけれど、

今はそれが私の目指すこと。

私の、望みです。

 


Panic! At The Disco / High Hopes

 

 

 

 

この、私の考え方は、こちらからまんま影響を受けています。

 

 

オペラ歌手のポール・ポッツさんが、映像で発していた言葉が

私の心をあたたかくしてくれています。

 

「成功とは高みに達することではありません。

成功とは自分が大好きな仕事をすることです。

人が人生を変えられるのは、大好きなことをすることによってです」

 

【漫画のサラッと名言】優しい人ってこわいよ

 

 

私は、子供の頃から漫画が大好きです。

小さい時から、漫画ばかり読んでいたので、

親戚とか友人の親など周りの大人からは「あの子はどんな大人になるんだろ」

同世代からは「あの子はオタクだ」(思春期には傷つきましたが、苦笑)

と言われていました。

私の親は、私のために、漫画をたくさん読ませてくれたので、とても感謝しています。

本も読むようにしなさいとよく言っていましたが(苦笑)

 

 

ところで。

お正月休みに読んで、好ましい作品がありましたので記事に。

「青野くんに触りたいから死にたい」
椎名うみ著(アフタヌーンKC)

年明け早々、暗い感じのタイトルですね。

内容もとっても、せつないです…(泣)

とても好きな人が死んでしまうところから、物語が始まります。

キャラが可愛らしく、ところどころに笑えるところもあります。

ストーリー、何気ない表情やセリフ、動き、ところどころにキュウぅぅぅ…ときます。

 

漫画の中のセリフで、頭の中に残っている言葉があります。

これは何気に名言なんじゃ…と思ったので書きます。

逆に考えると、人を傷つける言葉を発したり、

行動をとる人がたまにいますが(サラッと毒舌・笑)

優しい人だからなのでしょうか。

———————————————————————————————

優しい人って怖いよ

だってどんなふうにしたら、人が傷つくのかよくわかってるから
優しくできるんじゃない?

優しい奴ほど 人を傷つける方法を
たくさん知ってるんだよ

———————————————————————————————

 

 

こちらもキュウぅぅぅんです。
Ed Sheeran – Photograph