作成者別アーカイブ: heart-koto

それが、今のわたしです。

 

ここ数ヶ月、新しいチャレンジが続いています。

壁は高く。

自分の無力さ、実力の無さを実感してばかり。

不器用過ぎて。もう少し要領がいいと良いのにといつも思います。

でも、少しずつ壁を乗り超えていかなければ、

新しい挑戦をして行かなければ成長しない。

そう思って。そう信じて。

大丈夫。まあなんとかなる。

そう呟いて。

勇気を出して、頑張っています。

マイナス思考なので、失敗してもクヨクヨしないようにしなければ。

2020年、めちゃくちゃ、もがいています、わたし。

それが、今のわたしです。

 

 

 


Natasha Bedingfield / Strip Me

右向け右に進めなかった

 

あらら。

途中まで進んでいた大きな仕事を断りました。

今更それは…ちょっとどうかしら?

という予想外というか、呆れてしまう展開になってしまったので。

少し途中放棄した感ありますが。無責任ではない。

依頼者さん側の大きな方向転換が理由です。

権力を持っていて。これから先も関わる必要がある依頼者さんなので、

今後のことを考えると、どんな無理難題も応えた方が良いかなと、

ギリギリまで悩みましたけれど、

これ以上、この案件に関わっていても、

時間を浪費し、心が疲弊するだけだと。

断る勇気も必要だと判断しました。

あなたは優しいから、何を言っても良い。引き受けてくれるよね。

そう言われても。

なにを言われてもニッコリ。良い人のふりを続けるのは疲れます。

私の体も心も、ひとつなのです。

これ以上は対応できません。

断った後、重荷がすっと落ちました。

(もちろん、もっともな理由で、やんわり穏やかに断りました)

 

私は、改めて思いました。

右向け右が出来ない人。

昔からいつも一人で左に行ってしまうのです。

普段は誰にでも、YESと言うようにしていますが、

たまにニョキッと、反骨精神が出てきます。

今後どう展開、周りに波及していくか分かりませんが、

今、前にある仕事に頑張って取り組もう。

負けないぞ。

光があると信じよう。

いつまでも、クヨクヨしないこと。

まあ、いっか。と、心軽やかに前に進むこと。

その方が、健康に、楽しく過ごせるよ。

 

 

 

 

 

記事には関係ありませんが、最近この歌をリピート中。

全身全霊での表現。何度聞いても魂が揺さぶられる楽曲です。

Les Miserables Stars

あやしい彼女

 

お盆休み中に、鑑賞した映画「あやしい彼女」。

とてもとても良い映画でした。

途中、何回笑ったことか。嗚咽したことか…。

主演の多部未華子さんが、可愛くて、素敵すぎます。

劇中で歌を熱唱するのですが、

透き通るようなキレイな声で、

なんというか、唄が、心が伝わってくるんです。

感情が届くのです。

歌手じゃないのに、そんな歌い方ができるって。

女優さんだからなのでしょうか。

昔から大好きでしたが、多部未華子さんは、

改めて、スクリーンから目を離せない、

人の心を掴む、ひきつける女優さんだと思いました。

出演している役者さんもみんな、とっても素敵な演技でした。

特に、ジローさんが愛しいです。

 

せつなくて、でもあたたかくて。

誰かに大切に想われると、誰かを大切にできる。

人って、不器用だけれど、愛しいなあ。

愛、ですね。

 

 

 

 

昭和の歌、好きです。

「悲しくてやりきれない」

「見上げてごらん夜の星を」

 

 

 

 

名曲に癒されます

 

私の日課は毎日夜、音楽を聴くことです。

先日、お気に入りの曲、

「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」と「セイリング」を聴いていて、

たまたま、歌い手のクリストファー・クロスさんをネットで検索してみたら、

クリストファー・クロスさん、

新型コロナウイルス陽性と診断されて、

自宅で闘病とのこと。。。

ご自身のFacebookでも発表されていました(2020年4月3日)。

「自分が経験した中で、一番最悪な病気」

とのこと。

COVID-19、恐ろしい。。。

重症となった方が、1秒でも早く快復することを願っています。

早く終息して、世界中の人々に、

1秒でも早く日常が戻ってくるよう祈っています。

 

 https://m.youtube.com/watch?v=ljt5-wY1cOU

Christopher Cross / Arthur’s Theme(Best That You Can Do)

 

「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」と

日本語に訳した方のセンスがとても素敵です。

ああ。。。聴けば聴くほど癒されます。

名曲すぎます。

心の耐性。

 

この数ヶ月、世界中で色々な変化があった中で、

仕事、生活などの在り方、将来の生き方に対する考えが、

少しずつ変わってきた方がおられるのではないでしょうか。

 

そんな中、私は、心臓病に出会った約8年前に、

人生の価値観が変わり、生き方を結構変えたので、

割といつもと同じような心もちで暮らしています。

 

生きる上で欠かせない、仕事の未来には不安が生まれましたが。

悩んでいても、焦っていても仕方ないので、

ま、なんとかなるさ!

の精神で。

大丈夫、大丈夫。

そして、あの時よりは、厳しい状況への耐性ができていますからね(苦笑)

なんとか、良い方向に向かいますように…

と願っています。

ストレスは体に良くないですしね。

生きているだけでまるもうけ。

これが大切です。

 

 

話は変わりますが、学生の頃、授業で習ってから、

ずっと頭にあり、大人になった今も

たまに心の中で呟いている古典があります。

 

「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。

沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理をあらはす。

奢れる人も久からず、ただ春の夜の夢のごとし。

猛き者も遂にはほろびぬ、偏ひとへに風の前の塵におなじ」

平家物語「祇園精舎」

 

なんと無く、作品の中のその風景をイメージすることがあります。

 

 

 

こんな時だからこそ、普通が幸せ!

 

朝、テレビで見た、今日の星占いで、

今日のあなたは、最高に良い日。

とても良い便りがあなたの元に届きます!

みたいなことを言っていました。

そういう日は、朝から、内心、ワクワクしませんか。

今日、何か良いことあるかな!?って(笑)

良いことあったら嬉しいなあと。

でも、お昼くらいにはもうそのことを忘れていて。

今、あっ、そういえば・・・と思い出して。

今日は。。。

特に何にもない、普通の1日だったと思う。

星占いには、よくある話(笑)

でも、心身ともに穏やかに過ごせた良き1日でした。

普通が一番!

何にもない日常こそが幸せ。

今日も、幸せな1日でした。

ありがとう。

明日も明後日も、そんな最高の1日が続きますように。

おウチ時間の、イエスタディ!

 

しばらく「ハートノコト+」を更新していませんでした。

今、このWEBに訪れた方が、

健やかな身体と心であったら嬉しいです。

お元気ですか?

私は、おかげさまで元気です。

ご飯を美味しいと感じる、穏やかな毎日を過ごしています。

 

寒い冬が去り、あたたかい春を迎えながら、

世界中がいつもの日常を過ごせない、2020年。

おウチで過ごす時間が増えましたね。

 

もともと私はインドア派。

おウチ時間が大好きなので、映画を見たり、漫画を読んだり。。。

今は、これまで山積みになっていたモノコトを

少しずつ開いて楽しんでいます。

 

ここから、ゴールデンウィークのおウチ時間のお話です。

ネットで映画「イエスタディ」を見ました。

映画館で見たかったけれど、見に行けなかった映画です。

リンク先は映画の公式サイトです。

https://yesterdaymovie.jp

ダニー・ボイル監督も、ビートルズも好き!

キャストもみんな個性あり、とても愛らしくて、好き!

まさかのエド・シーラン本人登場(笑)

笑って、切なくなって、心があたたかくなって、

なんだか優しい気持ちになれる、心にしみる、

そんな映画でした。

心の中に橙色の太陽が生まれて、

ギラギラ、眩しく照りつけるというよりは、

命を包み込んで優しく照らす、そんな感じ。

大好きな映画の一つになりました。

やはり映画館で見たかったです。

俳優さんの演技やシーンはもちろん、

不朽の名曲を大音量で聴きたかったです。

 

このご時世、今後、新たな映画の撮影も難しいご様子。

いつかそのうち。

アフターコロナと言われる時がやってきたら。

それに影響されたり、今の状況だから・・・

今までにない、そこから生まれる映画や音楽、読み物、絵など

人による多様な作品が生まれるのでしょうね。

 

そういえば、話は変わりますが、トム・クルーズさんが、

宇宙で映画撮影するとか、なんとか?というニュースを今日見ました。

楽しみです(笑)

 

 

 

 

 

新しい年の始まりに

あけましておめでとうございます。

本年も皆さまが心身共に穏やかで健やかであります様に。

令和2年もぼちぼち更新していきます。

よろしくお願いいたします。

年末年始のお休みは嬉しいことにゆっくりと過ごせました。

Amebaブログの方で繋がらせていただいている方が、

たまに写真を投稿されているとある場所がありまして。

ずっと気になっていて、新年早々、初めて訪れてきました。

とても素敵な街、美しい景色が眺められて癒され、パワーをいただきました。

なんだか希望、夢が叶いそう!

みたいな気持ちが溢れて。

そうしたら、恐れ多くも、天下統一したくなりました(笑)

といいますか、あの歴史上の有名なお方もこの景色を見つめて、

そう思っていたのかなと思いを巡らせてたら、そんな気分に(笑)

身の程を知らない発言ですね。

ブログ友達さんは、この街で暮らしていて、

いつもこの景色を見つめているのですね。

嬉しい気持ちになりました。

お元気ですか。

オンリーワンの才能か。

 

日進月歩についてのツブヤキを、また再び。

 

日進月歩の世界は、

新しい技術も、考え方も、アイデアも、センスも、

数年経てば時代遅れになってしまいます。

私も仕事をする上で、のんびり過ごしていきたいけれど、

少しは流れていく時代にちゃんと追いつけるよう努力していかないとなと

日々磨くように努めています。

のんびりなのでちょっとずつですけれど。

 

最近、仕事上での関わりで、

自分よりも10才以上年齢が若くて、才能溢れる人たちに会う度に、

すごい!

と思うのと同時に、

私も前に歩く気持ちと、行動を止めちゃいけないと、強く思います。

日々勉強。

いくつになっても、学ぶことは続けたいです。

自分のできる限りのペースで。

 

Journey / Don’t stop believin’ LIVE

 

先日、ネットで検索していて知ったのですが、ジャーニーのボーカルって、
今、別の方が引き継いでいるのですね。
フィリピンのアーネル・ピネダがつとめているみたいです。
昔のボーカリスト、スティーヴ・ペリーの声質にとっても似ていて、すっごく素敵な歌声です。
よくこんな人を見つけてこれたな〜!と思うくらいです。

でも、何回聞いても、スティーヴの声が一番好きです。
同じようで同じじゃない、似ているようで微妙な違いがありますね。
パッションを感じる歌声が好きです。

 

 

ナンバーワンより、オンリーワンの才能がほしいかも。

 

 

■2019年11月8日追記
アーネル・ピネダさんについて、後で調べてみたら、驚きです。
すごいサクセスストーリーをお持ちの方なのですね。
映画にもなっているみたいなので観ようと思います。

のんびり日進月歩

 

夏の太陽がギラギラ照りつける中、勢いよく鳴いていたセミの声から、

秋の訪れを感じる、涼しげなコオロギの鳴き声に変わっていました。

 

季節の移り変わりが早いですが、私自身は日進月歩できているのでしょうか。

 

色々至らないことが多く、知るほどに、やるほどに、

無力さを感じ、非力さに悔しくなりつつも、

とりあえず今、自分ができること、挑戦しました。

あ〜、結果が怖い…どうか上手くいきますように!!!

夏から秋にかけての、今の私のお話。

 

Rachel PLatten / Broken Glass